カーテンですてきな部屋づくり

オーダーカーテンで窓の結露対策を始める

寒い冬場になるたびに窓が結露をしてしまうという家庭は、その窓に結露対策用のシートを貼り付けて、どうにか窓に水滴が付かないように対策をしておられることでしょう。
しかしシートをどれだけ貼り付けても、窓の結露が減る気配が無いという場合には、その窓に取り付けているカーテンを変える事で結露対策ができないか試してみてください。
窓の結露というのは壁と窓の隙間から、水分を含んだ冷たい風が入り込む事によって、窓に付着する水滴が増えてきてしまうものです。
だからこそ窓の左右の隙間を埋めるように生地が取り付けられた、リターン仕様のオーダーカーテンを制作してもらう事によって、結露対策の効果が期待できます。
それと同時に結露対策としてオススメしたいのが、カビが付着しにくい生地を使ったオーダーカーテンを作ってもらうという方法です。
結露が減ってきたとしても、少しでも水滴が付着しているだけでカビは繁殖してしまうものであり、そのカビの胞子のせいでアレルギーが発症してしまいかねません。
お子さんなどは若いうちからカビ対策をしっかりしておかなければ、将来的にアレルギーを発症する可能性を高めてしまいます。
家族の健康を気づかうのであれば、オーダーカーテンにも身体に優しい機能性を加えるようにしましょう。
オーダーカーテンをどこで作ればいいのかわからないという方は、こちらのサイトがおすすめです。