こだわりポイント

生地の厚みを売りにしているラグマット

デザイン性や耐久性の高さでもラグマットは比較される事が多いですが、他にも評価基準として挙げられているのが、ラグマットの厚みや柔らかさです。FB179_L
ここまで生地が分厚く作られているのかと驚かれる方も大勢おられるぐらい、厚みにこだわりを持ったラグマットも日本では数多く出回っています。
触った瞬間にラグマットの弾力で手が押し返されるぐらい、生地の厚みと弾力に自信が持たれている製品は、店頭で手触りを確認した瞬間に購入を決める人も珍しくありません。
そういう厚みを重視したラグマットは、リビングだけでなく子供部屋に敷かれている事も多く、子供が部屋の中で走り回って転んでしまった際にも、生地が衝撃を吸収してくれます。
硬い床に膝をぶつけてしまうと、それだけで骨が変形してしまう可能性もあるものですから、子供の身の安全を守るためにもラグマットは活用するべきだと言えるでしょう。
ただ生地に厚みを持たせているだけでなく、その厚みをいつまでも保てるという事をアピールしているラグマットも多く、製品寿命の長さにも期待が持てます。
子供が大きくなるまで、ずっと同じラグマットを部屋に敷いておきたいと考えている親御さんは、製品寿命についても比較対象としておく事がおすすめです。